2017年03月27日

#1JPNLEМ(ハマポリオフ) でサバゲ&撮影会 29.3.25

こんばんわ。先日F2プラントさんで開催された、第1回JPNLEMに参加してきました。



(写真提供・ソラノカケラさん)

熊でも出たのでしょうか。

いきなり余談ですが、ABASHIRI SHERIFFの世界観にジムニーってぴったりですよね...。雪道も林道もグイグイ。撮影に使わせていただき、ありがとうございます。

さておき、今をときめくサバゲ装備・ご当地LEが一同に会する、JPNLEMこと、日本架空法執行機関会同。
私BKTも、「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」で参加して参りました。



当日は70名近いご当地LEズ&PEズが大集結、F2プラントさんを埋め尽くしておりました。

ゲーム内容は、午前中に復活無制限・20分間時間制限ルールを2ゲーム。お昼ご飯の後に13時~15時まで、フィールド内発砲禁止(モデルガン除く。)の撮影タイム。
撮影タイム後、ブルーシート戦という特殊ルールのゲームを2ゲーム。ギャング役がブルーシートを畳んでバッグに入れて逃げていくのを追いかける、という映画「HEAT」っぽさ満載のゲーム。
その後に通常のフラッグ戦を2ゲーム。シメに弾数制限・3発戦、といった流れでした。

感想としまして、まず参加者の方々の装備力の高さが凄まじい。横浜を始めとして全国津々浦々のご当地LEが無数に設定を組んで集まるのは、とにかく壮観の一言でした。
とにかく参加者の方々の楽しむ姿勢が凄かったです。





横浜市警察・ガスランチャー手?の方と撮影。グレネーダーかと思いきや、ゴム弾を撃ち込む切り込み役だとか。設定が凄い!


更に、小物に対するカスタムも各参加者ごとかなりのもので、自作好きの私BKTとしてもかなり勉強に。

特に驚いたのが、盾のカスタム。Amazonの盾をザラザラに塗装、覗き窓に窓枠部を取り付け物がかなりのリアリティに。これは凄かったです。
また、細かなシール類にさり気なく装備品名や部署等を書き入れているといった小技も見受けられました。

撮影用の近接武器も、ラバーナイフ・スポンジ刀だけでなくラバー製山刀、テイザー銃、そしてラバー製バールまでと多岐に。ホント、写真がなくて申し訳ない...。

撮影タイムでは、モデルガン発火OKということで小芝居があちこちで見られ、かなりの盛り上がり。
私BKTも、GM7とサクラの発火シーンを間近で見させてもらい感激。かなりの迫力...。

撮影タイムでは、F2プラントさん謹製・SWATバンが大人気。車内からの出動シーンは中の人を変えて何回もリテイク(笑)
めちゃくちゃカッコイイシーンが撮られておりました。



本日のお昼ご飯。
ビーフストロガノフと鳥スープ。
これがめちゃくちゃ旨い。特に鳥スープ。



さらに、配食されていた方々の服装が、完全にPE参加者装備...。我々のためにご配慮頂いたのかは分かりませんが、とにかく素晴らしかったです。




本日の戦利品。
JPNLEMステッカーにYKPDキャップ。
ABSDと並べると分かる、私のパクリっぷりが申し訳ない...。






若干ご当地LEからは逸れますが、本日の祭壇。お隣のテーブルにて祀られていた物ですが、ご利益は同じチームの私にもあったようで怪我なく楽しく一日遊べました。
戦果?そんなものはどうでもいいのです(笑)




本日の管理人。




装備の開き。
ABASHIRI SHERIFF装備のスタンダードなベルトキットに、ライフル銃、耐弾板を装備。頭のコンツアーは捜査間の証拠採取用、ということで(笑)

今回のイベントで、ミリタリーパッチの発信力を改めて確認。
やはり、「SHERIFF」だけではご当地感が出ないな、と。
今回盾にはデカデカと「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」と入れていたのですが、ゲーム中はセーフティに盾を放置していた為、写真に写り込んでも何者か分かり辛い(笑)これはいけませんね。

ここはなんとか、「ABASHIRI SHERIFF」と入った物を作りたいところです。第2回参加時の目標ですね。
また、PE側のカッコよさも、かなりのものでした。
私BKT、次回はPE側装備も準備していきたいですね。

主催のyohさん、参加者された皆様方、またフィールドのスタッフの方々、ありがとうございました。

※写真撮影時にはマガジンを外し、パワーソースを抜いた状態で撮影しております。(安全対策済み)
また、フィールドより撮影の許可を頂いております。

  


Posted by BKT at 18:52Comments(0)サバゲレポJPNLE

2017年03月24日

Blitzアームズ謹製3Dプリンター製リアサイトでスキャッターガン!

こんばんわ。光学サイトとどうも相性の合わない私BKT。今日は全国に(おそらく)数多くいる、アイアンサイト信者の方々にとって素敵情報を勝手にステマしたいと思います。

まずは完成したものをば。





こちらが完成したスキャッターガン。
CA870ストック+マルイVSRフロントサイト+Blitzアームズ製リアサイト+エクステンションマガジンチューブ、で完成。
結構いい線行ってますよね?
タナカのスキャッターガンが入手困難であり、性能的にもゲームで使うのが苦しい現状一つの解答かな、と勝手に自己満足してます(笑)







そしてこちらが、問題のアイアンサイト類。
茨城県のサバゲフィールド、「Blitz」さんのオーナーさん?が3Dプリンターで製作・併設ショップ「Blitzアームズ」さんで販売されているもの。

結論から書きますと、実にけしからん(笑)
素晴らし-けしからん(笑)。

私BKT、無いものはそれらしく作る!をモットーにこの趣味をコツコツ続けてきてはいるのですが、やはり自作には限界があります。
まずは強度。金属削り出しをやってのける素敵な兄貴方もいらっしゃりますが、私の能力ではプラ板積層が限界...。作ったはいいものの、ゲームに、使える強度が出せないorカッコ悪くて見せられたもんじゃない、な、失敗作は数しれず...。
そんな中、ゲームに十分な強度を持ち、そして手が出る値段の小部品類とは...。これは大変ありがたいかぎりですね。

全商品は「Blitzアームズ」さんのホームページ上で詳細な写真付きで見られるので、私なりの使用例を紹介させてもらおうかな、と。

先述の通り、本体はマルゼンCA870に社外品のミドルアウターバレルを組んだもの。ソウドオフなら無くても気にならないサイト類ですが、長くしたら欲しくなるじゃないですか?

それがこんな感じに!






(М1014風リアサイト+エスクテンションマガジンチューブ+マルイVSR用フロントサイト使用)

うーん、素敵。


続いてライフル。

私BKT、VSRには実銃用・ウィリアム社のリアサイトを付けていたのですが、先日の激戦で上だけが行方不明に...。






取り寄せるにも大変手間がかかり、なにより高い...。



そこで、Blitzアームズ製リアサイト。








...なんだ、これのがいいじゃん...。どう見ても猟銃(笑)cool!!
上下左右調整可能、ホワイトドット入りで狙いやすい!しかもお安い...。

さらに、製品は銃部品のみならず、CA870使いにはありがたいマガジンホルダーまでラインナップ。



プレキャリに付けるとこんな感じ。
ぱっと見、テイザーの予備カートリッジっぽいので、これもいいなー、と。

と、まあ勝手に宣伝させて頂きましたが、サバゲ界に少なからず存在していると思われるアイアンサイト愛好ゲーマーの方々に、何か役立つ情報提供になっていれば幸いです。  


2017年03月19日

小美鯖でサバゲ 29.3.19

こんばんわ。2連チャンサバゲで体がガタガタのBKT、本日は茨城県の小美鯖さんにお邪魔してまいりました。



(やらせ写真(笑)盾を使ったゲームは当日ありませんでした。)

茨城県に最近出来たという小美鯖さん。中々遠くはあるのですが、YouTubeに投稿される動画を見ては、かなり前から気になっていました。




フィールド入口より。

フィールドのイメージは、埼玉県のsisterさんの中央ヤグラがめちゃくちゃ大きくなった感じ。中央に大きいのが1個と入口向かって右側に2個
CQBな小屋があり、その周りをバリケード群が囲む、といったスタイル。バリバリのCQBフィールド、と言っても過言ではないかと。






(中央ヤグラ内部を上より。)




(右側CQBハウス。)




(周囲のバリケード群)


ゲーム内容は、午前中フィールド全域を使ったゲームを4ゲーム位、行動可能地域をCQBエリア内部に限定したゲームを2ゲーム。午後からスパイ戦を2ゲーム、爆弾解除戦を2ゲーム、あとはCQBエリアメイン禁止の外周半分のみを使ったゲームを鬼回し(笑)、とクタクタになるまで動けました。
(ゲーム内容に記憶違いがあったらごめんなさい。)
【追記(29.3.20)】後に知りましたが、CQBエリアメイン禁止の外周鬼回しゲームの後、夜戦に突入するくらいまでさらにゲームを回したとのこと...。私BKTは途中でバテて帰ってしまいましたが、他の参加者さんの体力、恐るべし...。




また、常連さん?スタッフさん?のような方が積極的に作戦を立てて、次のゲームはこう動こう!であったり、ラインを揃えていかないと裏に回られるから、役割分担をしていこう!と指示を出されていたのが印象的でした。
割と勝手に前に行って、さっさとやられてしまうことが多い私BKTとしては身につまされる思いでした(笑)

特筆すべきは常連さんとスタッフさんの仲の良さ・フレンドリーさでした。ゲーム中にチョコ棒とお茶類の差し入れがあり、野良犬ゲーマーの私BKTまでもがその恩恵にさずかることが。
ご馳走様でした。
さらに話を聞くところによると、常連さんがスタッフさんと一緒になってフィールド改装等も手掛けていらっしゃるようで、「自分が作ったバリケードは特に愛着が湧きますよー。」とのこと。
中でもフィールド内に存在するCQBエリアの一つは常連さんの設計?考案?らしく、その常連さんのハンドルネーム?が命名されていました(笑)



ゲームとは関係ありませんが、特に素敵だったのがハンバーガーのケータリング。チリビーンズバーガーがウマウマ。余りのトラックのカッコよさに1枚撮らせて頂きました。凄まじいアメポリ感...!





特に盾を使う機会は、ゲーム中には無かったのですが、折角なのでお昼休みに記念撮影。おお、盾、渋い!(自己満足)

と、大充実のゲームでした。


  


Posted by BKT at 19:47Comments(2)サバゲレポJPNLE

2017年03月18日

バトルフリーでサバゲ 29.3.18

こんばんわ。

ご当地LEポリスバッジが届いてからのようやくのサバゲにホクホクの私BKT、本日は、茨城県は古河のバトルフリーさんの定例会にお邪魔してまいりました。




ご存知の通りバトルフリーさんはいわゆるアウトドア・CQBフィールド。サイズは25m×50mとややコンパクトなものの、いい感じの射線が何本も通っていて、長物でもハンドガンでも遊べるフィールド。



(参考画像)

こんな素敵フィールドなら、「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」の初陣に良いであろう!
と思いたち、早速フィールドを予約。

...してた所、当日朝になってオーナーさんから連絡が。
どうにも、他の参加予定の方が急遽来れなくなり、私含めて5人の定例会になりそうなのですが、参加を如何されますか...とのこと。

私BKTとしてはもう二つ返事で行きます!と。
あのフィールドをたった5人で動き倒せるなんてめちゃくちゃ贅沢ではないですか!しかも普通の定例会料金で!これは逆にありがたいな、と。
結論から書きますと、めちゃくちゃ楽しめました。
やはり、裏を取ったり取られたりするくらい動きがあるゲームは楽しいですね。私の好みに過ぎませんが。

当日は終日セミ限定。人数が少なかったからか、ほとんどのゲームが復活戦にっており、ガンガンやられる私としては、これまたありがたい。
午前中4ゲームの午後ハンドガン戦8ゲーム、長物OK戦を6ゲーム程の計18ゲームでお腹いっぱいに楽しめました。





本日の鉄砲類。ショットガンは初陣でしたが、たまにシアが噛まないのか発射されないことがママあり弱りました。信頼のボルトアクション。
ハンドガンは、ハンドガン戦やるよと言われたのにもかかわらずリボルバー。当たらない(笑)面白い位に。それでもそれなりに楽しめたのは、フィールドと参加者の質のなせる技かなぁ、と。


本日の管理人(笑)



ABSDキャップにおコンツアー、VOLKプレキャリ改にシェリフパッチやらなにやら。腰は革ベルトにポリスバッジ。サイドはリボルバー。  


Posted by BKT at 22:45Comments(0)サバゲレポ

2017年03月16日

サバゲ用 防弾盾の自作

こんばんわ。

通常の定例会では被弾面積増えるだけ、それでもいつかは憧れる、防弾盾を自作しました!



なんだか、ぱっと見アイロン台みたいですね...。
最初はAmazonで買おう!と思ったのですが、お値段約10000円...。
ならば自作!と思い立ち、揃えたるは以下材料。



ベニヤ板、黒い布、コーナーガード、手すり、ボンド類。



ベニヤ板の角を切って...



布を貼り貼り。



コーナーガード貼り付け!
段々それらしくなってきました。
イメージしたのはレベルIII防弾盾。
実物は、SAPIプレート同様に布が貼ってある様なのでそれを再現したつもりです。



人型の盾カッコイイ!と作ってはみたものの、ハンドガンを構えると左肩がバッチリ出てしまう...&デカイ...。
ということで、上部をバッサリとカット。



コンパクトになりました。



裏側の図。
取っ手は当初一本物でしたが、こちらのが持ちやすそうなので交換。
覗き窓を作りたかったのですが、難しそう&コストの都合上省略。バンドで前腕を固定するので、片手でも比較的取り回しやすいように。



下についているのは、自立用のコタツの足。これがあれば後ろで芋れます(笑)



正面に「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」標記。そしてエンブレム。


ポリスバッジを注文する時の完成イメージ画像をコピー→拡大してラミネート。




格安ABCステッカー万歳!

と、まあ大体4000円位で作成完了の自作防弾盾。
通常のゲームでは全く意味はありません。&言うまでもなく、実弾は止まりません(笑)

が、盾があると色々素敵な写真が撮れるじゃないですか(笑)
休憩中の写真撮影や、撮影タイム等で活躍させたいなぁと思います。  


Posted by BKT at 21:08Comments(2)サバゲ小物自作JPNLE

2017年03月09日

オーダーメイドご当地LEバッジ、アメリカより到着!

アメリカはSmith&warren社に注文していた、ご当地LEこと「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」のオーダーメイドポリスバッジが届きました!





結論から書きますと、めちゃくちゃカッコイイです!



ベルトに装着!うーん、素敵すぎる!



さかのぼること数日、3月3日に注文先の「epolicesupply」さんより、



発送メールが!

すかさず検索、アメリカ→日本の郵送所要期間。この便だと、6~10日後。ということでのんびり構えていたところ、あれよあれよと「TOKYO着きました」の表示に。



そして来たのがこれ!
海外から何か物が来るなんて人生初...。

開封!



同時注文したバッジケースもいい感じ!


そしてこれが!






うーん、裏面も素敵。
薄いですが、ばっちり刻印入りです。



バッジケースと合わせてみますと、うん、いいね。

ややケースに対して緩いようなので、ピンの裏側にスポンジを噛ませます。



ぐらつかなくなりました。


さて、本ポリスバッジ、今後ゲームでガンガン使って行きたいのですが、落としたら悲しいですよね?




アメリカLE装備では見たこと無いですが、落とさないように紐を付けようかな、と。




ベルトキーパーに通して固定。これで大丈夫でしょう。







装備と一緒に。

やはり、ポリスバッジをつけると締まりますね!

これをもって本格的にご当地LE始動!
「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」の旗揚げなのです。

〜~〜~〜~〜~オマケ〜~〜~〜~〜~~~〜
今後もし、ご当地LE、他何かの記念にポリスバッジをオーダーしたい、という方がいらっしゃるかも知れませんので参考資料を下に残したいと思います。


注文先
「epolicesupply」さん

製作メーカー
「Smith&warren」社

料金
注文するバッジによるも、今回私BKTが注文したセット(バッジ&ケース)で、大体$150位です。

支払い方法
Paypalによる支払い、他が可能。paypalの使い方は、他にめちゃくちゃ詳しいサイトがいっぱいありますのでそちらをご参考に...。

納期
2月5日注文→3月9日到着、です。
公式には30~35日、とのことですのでだいたいその通りですね。
発送時には追跡アドレスのついたメールを送ってくれます。

満足度
私BKTの主観ではありますが、かなり満足できるのではないかと。
実物?のバッジメーカーですし、何より他の人と被らない!
仕上がりイメージもネット上で確認しながら作れますので、あれれ?な事にもなりづらいのではないでしょうか。
注文に必要な英語も、Google翻訳で大体なんとかなると思います。
難点は高いこと、納期が1ヶ月近くかかることでしょうか。
  


Posted by BKT at 21:05Comments(2)サバゲ小物JPNLE

2017年02月22日

ご当地LE「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」 設定

こんばんわ。私BKTの綴る、為にならない自己満足ブログ、本日は勝手にブーム沸騰中のご当地LE、「ABASHIRI COUNTY SHERIFF」について設定を掘り下げていこうかと思います。


(サバパにて。逆光カッコイイ!)

・勤務形態
ここは敢えての駐在所形式にしてみようかなと。
他ご当地LEですと、SWATやESUのような機捜・緊急部隊チックなカッコよさを出しているところが多いのですが、ここは敢えての地域密着・身近な渋さを出したいな、と。
そう思い立ち、駐在所をWikipediaしてみると





拳銃予備弾備えてるとか...。現実もかなりのガチですね。これで決まりです。
私服×装備、なのも寝起きでダッシュで出て来た&ご近所の人みんな知り合いだからOK、で解決かな?

・火器
実は制式採用されているのは拳銃だけ、ということにしようかと。
本州でも中々見なくなったミリポリと1911拳銃が貸与品、長物は私物設定。
拳銃は貸与品なのであまり撃ちたくないけど、ライフルなら弾も私物なので(書類上楽で)OK!といった事情はここから。

私物なので、



もちろん要免許&許可。
(教本は私BKTが古本屋で入手したもの。内容充実!)



(チャンバー長がVSRでは足りてませんが)口径は375H&Hが人気という設定。ABASHIRIでは重弾頭がブームです(笑)



合同訓練時に本州で主流の22口径(5.56mm)の小ささに驚く場面も。(画像はダミーカートです)

・主な仕事内容
通常の駐在所の仕事に合わせて、
役場の依頼に基づく害獣駆除
遭難捜索時の支援(熊対策)
網走港での密輸対策
などでしょうか。
合同訓練への積極的な参加、を加えれば、様々なオフ会での撮影にも理由付けが出来そうです。

・装備品等
本来は制服...なのでしょうが、厳しい気象条件等から私服に装備が定着して久しいor緊急時着替える余裕が無かった等々...といった所で(笑)









他の地域に比べてABASHIRIは平和、銃撃戦はほぼ無い、と言ったところから、駐在所には旧型の防弾チョッキしかない、でも許されそうです。合同訓練・捜査時に慌てて流行りのプレキャリやテイザーを準備、といった泥縄調達もアリかと。



と、ざっくり妄想を垂れ流させて頂きましたが、やりたい事としては
・エアコキ長物・リボルバーが使えて
・新型装備ではなくてもOK
・私服がオシャレで無くてもよい
・しかし説得力はある

...なご当地LEにしていければな、と。
また何か設定があれば書き連ねて行きたいですが、ガンダム同様、
「映像化されたものが公式!」
と言い切れる感じでいきたいですね。  


Posted by BKT at 21:19Comments(2)JPNLE

2017年02月21日

東京サバゲパークでサバゲ 29.2.19

先日、東京サバゲパークことサバパの定例会に参加させて頂きました。



やらせ写真。写真映えするフィールドって素敵。

安定の東京サバゲパーク、ゲーム数も多すぎず、少なすぎずの回しっぷり。
朝方はかなりの冷え込みでしたが、昼には春うららの陽気に。快適快適。






当日は参加者のLE比率が高かったように感じました。FBI、NYPD、ボストン市警、UO×LEの方と、とにかくハイレベル...。
私BKTもLE力を高める参考にしたいものです。

また、参加者の方もハイレベル。特に恐ろしかったのはエアコキ使いの方々。黒づくめのエアコキショットガンチームの方、エアコキガバだけで狩りまくる方と、とにかくキレキレ...。


ゲームは殲滅戦、フラッグ戦、復活戦をバランスよく。最終ゲームの特殊ルールがかなり面白かったです。
参加者110名?程でしたがバリケード渋滞やガンロックフェスティバルもあまり無く、走り回れる一日でした。

本日の管理人

ミリフォトで見た黒×緑BDUの組み合わせがカッコよかったので、年代物のフリースで。




ハマポリ装備!
...ではあるのですが、木スト風のボルトアクションでは何とも...。
ショットガンですと比較的オシャレ感があって良いかもしれません。


オマケ。撮る人、撮られる人



カメラはニコンF。うーん、古くて横浜らしくない(笑)


  


Posted by BKT at 20:00Comments(0)サバゲレポ

2017年02月09日

オーダーメイドLEバッジ・受注の可否について



おはようございます。
先日極一部で反響いただいたご当地LEのポリスバッジのオーダーメイドの可否について、オーダー先からお返事頂いた為追記致します。


(Google翻訳万歳)

結論からいいますと、架空の階級・街の物であれば受注してくれるとのことです。

やった!来るの楽しみだ!

...と、これだけでは寂しいので、私BKTなりに考えたオーダーメイドポリスバッチのメリット・デメリットを書こうかな、と。

・メリット
1 オリジナリティ
バッジの形、デザイン共に他の人と確実にかぶらないものが使える。デザインはまさに無数に。
2 手軽といえば手軽
パソコン・プリンター・絵心が無くてもOK!スマホが使えれば注文可能!(※Paypal支払い環境必須)
3 自己満足
実物メーカー?のいい感じなバッジが入手可能。

・デメリット
1 少々お高い!
今回の私の注文で、ケース込みで約150ドル。他の小物を買い漁る予算を食い潰します(笑)
2 納期がかかる
大体一ヶ月後のお届けになるということ。すぐに必要な方は困りますね…。
3 量産に向かない
もう一度注文すれば良いのですが、納期と値段からいって気軽には増やせないなぁ、と。いわば、ぼっちの架空LE向け(笑)
4 デザインの制限
日本語は恐らく入力不可、センターシール(ポリスバッチの真ん中にある絵柄)についても、指定のものから選ぶかたちになります。私が悩んだのもこの点ですが...。

とりあえず無事に注文を受けてもらえたようなので一安心です。
来るの楽しみだなー。
  


Posted by BKT at 05:27Comments(0)サバゲ小物JPNLE

2017年02月06日

ご当地LEのポリスバッチをオーダーメイド注文!

こんばんは。ご当地LE装備を模索する私BKT、今回はポリスバッチの作成です。



(海外ページ、「Epolicesupply」さんでの注文画面。)

LE装備に欠かせない小物、それはパッチ&バッチ。
所属を表し身分を証明するステキ小物。

JPNLE装備の先人方も、まずパッチ&バッチで身分を明らかにしているご様子。
ABASHIRI SHERIFFもここで一つ作っておきたいところ。
幸い、「SHERIFF」のラバーパッチは自宅にストックがあった為、とりあえずはこれでいくとして、ポリスバッチを作成することに。

偉大なる先人の知恵袋・ハマポリブログを参考に、ポリスバッチに付ける「ABASHIRI SHERIFF」変身ステッカーを作成!
作成...しようとして挫折...。
考えてみれば、うちにはスキャナーはおろか、パソコンが無い…。
仮に出来たところで、DTM・ハイサイ電動ガン全盛期の今日日、ガス・エアコキ縛りのこの保安官事務所に誰か来るとは思えない
→シールもワンオフ作成に(コスト高問題)。

...諦めてあっちでバッチ作ってるメーカーに依頼しちゃおうかな...。

と、いったところで立ち上がった本企画。
早速検索すると...いた!過去オーダーした人!
しかもやり方メチャクチャ詳しくブログに載せてくれてる!!!
有難い限りです。大変参考になりました。
特に了承等取れているわけでは無い為、リンク等は差し控えさせていただきますが「シェリフ ポリスバッチ 」で画像検索するとグロックと洋酒をバックにした超カッコイイ画像が見つかると思いますので...。



(注文画面ホーム。翻訳機能万歳。)

まずはメーカーを選定。ブラッキントン社と悩みましたが、少々割高でも、よりモールドが細かいと評判のスミスアンドウォーレン社に。



まずはバッチの種類選び。




盾型、丸型、星型と無数に。

勝手ながら「ABASHIRI SHERIFF」、網走監獄への護送やら証人保護やらをやってた部署を前身にしていた設定を構築。

ならばUSマーシャル系の「丸に星」型でしょ!と勝手に盛り上がり。




このページのありがたい事に、各フォームに入れたい文字列・カラーリングを入力すると
下の方に出来上がり予想図が。

真ん中のシール?を選択。



本音を言えば、網走ということでニポポ人形モチーフの何かを入れたかったのですが、残念ながら存在せず。
網走監獄→司法系?ということで天秤マークに決定。これもカッコイイやん!
ちなみにアメリカの各州や各軍マーク、消防系マークはとても充実していました。



そんなこんなで完成。
簡単に書いていますがかなり時間が。いや、作成自体はメチャクチャ簡単なのですが、他のデザインだとどうかな?他の色だと?文字の色は?
などと試しまくるのが中々。悩みどころ半端ないっす。

支払いはPaypalで可能、ということで、そこから支払い。お値段はバッチの種類によりますが、革バッチホルダー付きで約150ドルでした。お高い気もしますが、私服であればアンダーカバー設定、プレキャリにもデューティーベルトにも付けられるお洒落アイテムと思えば安く...はない(笑)。

ともあれ、注文承りました!メールによれば商品の到着は大体一ヶ月後位とのこと。
初の海外通販ということで無事に着くことを今からソワソワ。

それまでの間、車のドアにマグネットでペタリ!するステッカーを作って待ちたいと思います。




(デザインのみ作成、中央金色バージョン。)

【追記】受注の可否について(2月8日現在)
大変ご反響頂いた本記事ですが、少々不確定な情報が含まれているため追記をさせていただきます。

本バッジの注文について、スミスアンドウォーレン社に対し、注文の送信及びPaypalでの支払いはできたのですが、オーダー受付完了時のメールに、フルサイズのポリスバッジにはLE職のIDの添付が必要になる可能性がある旨が記載されておりました。
現在スミスアンドウォーレン社に、架空のLEバッジが注文可能かどうか問合せており、返信待ちの状況です。(2月8日20時現在)
もし、本ブログを見て、オーダーメイドバッジの注文をお考えの方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんが、私を含めて注文を受けて貰えない可能性がある、といった事をご了承ください。

本来でしたら、注文→品物受取、の後に記事にするべきでしたが、浮き足立ってしまった旨、謝罪致します。

【追記その2】(2月9日5時現在)
受注の可否について、注文先の「Epolicesupply」さんよりメールを頂きました。結論からいいますと、架空の階級、街のLEバッジは製作可能とのことです。よろしければ、次ブログ記事をご参照ください。

  


Posted by BKT at 18:19Comments(2)サバゲ小物JPNLE